2011年11月10日

■Firefox拡張機能 - AdblockPlus 記述ルール

 Firefoxの拡張の一つであるAdblockPlusは、広告除去に留まらず、様々な「見たくない物(プラグイン追加でテキストすらも)」を読み込ませないと言う使い方が出来るため、通信負荷の軽減やページレンダリング速度の向上、セキュリティ面でも大いに活躍する優れた拡張機能です。

 バージョンアップごとにどんどん拡張ルールが追加されていき、記述ルールが複雑になってきたため、主に自分用のメモとして記事を書くことにしました。と言うか複雑化しすぎて時間空けると忘れがちなのが困りものです。

 AdblockPlusはルールの記述に正規表現も使えますが、速度が遅くなるので出来るだけ単純一致を使うようにします。一応速度の低下が問題になる記述の仕方では警告が出ますし、ルールが増えても速度に影響が出ないように設計してあるとのことですが、何百何千とルールを追加していくとやはり気になるものです。


▼一般
!target
 コメント

|target
 前方一致

||target
 部分一致

target|
 後方一致

target^
 セパレータ。/:?=&記号を区切り文字として対応する。

target*
 ワイルドカード

@@target
ホワイトリスト

target$options
 拡張オプション

▼options
※オプションはカンマ記号(,)で連結することによって複数記述できる。
domain=name
 nameに適用するドメイン名を記述。複数ドメインに適用させる場合はname1|name2と|記号で連結。否定(例外、ルール非適用)を意味する場合はドメイン名の前にチルダ(~)を付ける。

match-case
 大文字/小文字の区別を付ける。

collapse
 常にルールを壊すというようなことが書いてあるがいまいちよく分からなかった。

donttrack
 トラッキングがどうのと書いてあるがいまいちよく分からなかった。

※以下は先頭にチルダ記号(~)を付けることにより除外の意味を持たせることが出来る。
script
 JavaScript等を対象とする。

image
 画像を対象とする。

background
 背景画像を対象とする。

stylesheet
 スタイルシートを対象とする。

object
 FlashやJava等のオブジェクトを対象とする。

xbl
 よくわからない。

ping
 よくわからない。

xmlhttprequest
 XMLHttpRequestオブジェクトを対象とするらしいがよく分からない。

object-subrequest
 Flash等のオブジェクトからのリクエストを対象とするらしいがよく分からない。

dtd
 XMLドキュメントからDTDファイルをロードする状態らしいがよく分からない。

subdocument
 フレーム等を対象とする。

document
 ドキュメント……と言うかページ内容を対象とする。

elemhide
 隠し要素を対象とする? これだけは例外ルールのみ記述するとあるがよく分からない。

other
 その他上記に当てはまらないものを対象とする。


 まだ色々拡張ルールがあるけどよく調べてないのでまた後日……
posted by いわとび ぺんぎん at 14:21| 沖縄 ☁| Comment(1) | ■ぱそこん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりました。
ありがとうございます。
Posted by tmp_dos at 2015年11月17日 13:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]